小説『仮想美少女シンギュラリティ』現役VTuberが描く人類の進化!


今流行りの「バーチャルYouTuber(VTuber)」は人類進化の序曲…!? あの現役人気VTuberがクラウドファンディングで小説執筆した真意は? 小説『仮想美少女シンギュラリティ』電子書籍で発売開始です!


メディア掲載歴

◆大手VRメディア「Mogura VR」さま「VR Inside」さまに紹介して頂きました。
◆VTuberメディア「VTuber post」さまに紹介して頂きました。
◆「Vのまま社会参画できる未来」を目指す組織「株式会社ブイノス」さまがプレスリリースを出して下さいました。
◆Amazon売れ筋ランキングでカテゴリ1位を頂きました。

『仮想美少女シンギュラリティ』あらすじ


脳と機械を繋ぐ「ブレイン・マシン・インターフェース(BMI)」研究者の「私」は、実験中に意識を失っている間に、自分がバーチャルYouTuberとしてアイドルデビューしたことに気づく。YouTubeに残されていたのは謎の仮想美少女「ねむ」が「お前は誰だ」と自問自答する奇妙な動画だった…

ねむの目的は何なのか? 人類はついに現実の肉体のくびきから開放され、新人類へと進化するのか? 進化を目前とした人類の葛藤と恐怖を鮮やかに描く黙示録。 

著者「バーチャル美少女ねむ」

2017年末のバーチャルYouTuberブーム黎明期において、雷鳴が轟く中で延々と自問自答を繰り返すという異様な雰囲気の動画が話題になり、「バーチャルYouTuber界のラスボス」として一部でカルト的な存在となる。企業ではなく個人が運営するバーチャルYouToberとしては世界初であると自称しており、個人がバーチャル活動を始める方法などを発信し、バーチャルYouTuberが爆発的に増えるきっかけとなった。全ての人類が美少女アバターを纏うことで究極の理想社会が訪れるとされる【人類美少女計画】を推進しているが、その正体・真意は謎に包まれている。

表紙イラストは漫画家「ホタテユウキ」先生

緊迫感溢れる表紙イラストは、少年エースで「恋する寄生虫」を連載中の若手実力派漫画家・イラストレーターの「ホタテユウキ」先生。




クラウドファンディングに成功!

制作出版費用を集めるためのクラウドファンディングでは、開始1時間で目標に達し、最終的には目標の400%を達成。みなさま、ご支援本当にありがとうございました。


Amazonで電子書籍として発売中!

スマホさえあれば、Kindleアプリでどなたでもお読みになれます。



よろしければAmazonのレビューをぜひお願いします。

また、感想をTwitterハッシュタグ「 #仮想美少女シンギュラリティ 」で(できればネタバレなしで)ツイートして頂いたら拝見させて頂きます。どんなご意見でも楽しみにお待ちしています。

バーチャル美少女ねむ


◆ ◆ ◆


※TwitterのフォローとYouTubeのチャンネル登録をお願いします。
・公式Twitter : ねむ⚡バーチャル美少女 @nemchan_nel
・公式YouTube : ねむちゃんねる
・公式ブログ : 人類美少女計画
・公式グッズ : ねむちゃんねるストア / LINEスタンプ