ゼロから始めるVTuber生活! 「二次元/三次元バーチャルコスプレ」「声コスプレ」始め方まとめ


ついにやってきた! 「バーチャルYouTuber」=「VTuber」ブーム爆発後、初の夏休み~!!(*'▽') 新しい表現を求めているブロガーの方や、学生の皆さんなど、これを機にVTuberデビューを企んでいる人も多いのでは!?

VTuberになる方法は無数にありますが、オリジナルモデルに拘らなければ、今日この日のうちにデビューすることもできます! その方法を解説しますっ!!!
(私も一年ほど前に、キズナアイちゃんを見て、思いついたその日のうちにYouTubeで生放送しましたw)
※この記事は、世界最古の「個人系バーチャルYouTuber」(自分調べw)として界隈をブーム前からウォッチしてきた、私「ねむ」がお送りします(≧∇≦)/


もくじ!

  • VTuberのメリットとは!?
  • バーチャルコスプレ:二次元キャラ編
  • バーチャルコスプレ:三次元キャラ編
  • 声コスプレ:色んな方式があるよ!

VTuberのメリットとはっ!?

企業だけでなく、個人の表現者としても「VTuber」になり、バーチャルキャラとして顔出し動画を出したり生配信することで、色んなメリットが考えられます~
  • 匿名性:正体を隠したままYouTuberとして活躍できる! 子供のプライバシーの問題もクリアできるし、大人でも立場上顔出ししずらかったような人が気軽に挑戦できる!
  • 気軽さ:部屋を掃除したりお化粧したりしなくても、いきなり配信が始められる!
  • 表現の自由度:現実世界では実現不可能な魔法のような表現などもいろいろ可能になる!
  • 超越性:現実世界の人間を超越した存在、「二次元キャラクター」として視聴者と触れ合うことができる! それはあたかもアニメのキャラと実際に出会うかのような新しい体験です!

さて、一口にVTuberと言っても、二次元キャラと三次元キャラでだいぶやり方やできる事が大きく変わって来ます! 私は両対応して用途に応じて使い分けています!

バーチャルコスプレ:二次元キャラ編

委員長みたいな、二次元キャラになりたいあなた!



二次元VTuberのメリット

この動画で、VTuberになるための色んなテクノロジーをまとめていますが、二次元の場合はWebカメラを使って表情と頭の動きををキャラクターに反映させるだけなので、比較的安価にチャレンジできるメリットがあります!


キャラクターの顔を使って、表情で表現するスタイルなので、プレゼンしたり、雑談したり、ゲーム実況したりするのに向いています。

その代わり、全身を使った表現はなかなか難しいです。

二次元VTuberのやりかた

Webカメラ付きのPCがあれば、「FaceRig」と「Live2D」というソフトを使うのがおすすめです! (この動画自体もその手法で撮影しています)そんなに重いソフトじゃないので、それほど性能のよいPCでなくても大丈夫!

「FaceRig」はカメラで表情を読み取ってアバターをリアルタイムで動かすソフトSteamで1980円、ただし商用利用にはアップグレードが必要)、「Live2D」というのは二次元のイラストで描かれたキャラクターをアニメのように動かすソフトSteamで398円)です!

具体的な設定方法などはこの記事などが参考になります。

二次元VTuberのモデルについて


商用利用もできる無料のサンプルキャラなども提供されていますが、自分の専用キャラを使いたい方などは「Live2D Cubism Editor」(有料ソフトだが無料トライアルあり)というソフトで自分で動くイラストを作るか、絵師さんに有料で依頼することもできます!



スマホで気軽にやる方法も~

PCを使わずに、気軽にスマホでできるアプリもいくつか出始めていますが、ゲーム実況や他の人とのコラボが難しかったり、自由なキャラを使えなかったり声コスプレ(後述)ができなかったりなど、まだちょっと制約が多い印象です~


バーチャルコスプレ:三次元キャラ編

アイちゃんみたいな、三次元キャラになりたいあなた!


三次元VTuberのメリット

VR機器を使ってモデルの中に入って演技をするので、全身を使った表現ができます。

踊ったり、スポーツしたり、他の人とコラボして漫才的に掛け合いしたりする動画に向いています! この動画のように、匿名の有名人を放送に呼んでインタビューすることもできちゃいます~




その代わり表情はプリセットから選ぶ形になるので、あまり細かい表現は難しいです。
(VRヘッドセット被ってるので、表情認識のしようがないw)

三次元VTuberのやりかた

色んなソフトが開発されてますが、「バーチャルキャスト」無料!)が簡単で圧倒的におすすめです。VR空間の中に撮影スタジオやカメラが初めから用意されており、難しいプログラミングなどは一切不要! 他のVTuberを自分のスタジオに読んだり、他の人の放送に凸したり、自由自在です~

ただし、「HTC VIVE」「Oculus Rift」「Windows MR」(本記事執筆時点での対応デバイス)などのハイエンドなVR機器とそれを動かせるPCが必要になってきます。上の動画は「HTC VIVE」を使って撮影しました。こんなの。

 
 

具体的な設定方法などはこちら!

三次元VTuberのモデルについて

こちらも、無料で使える標準のモデルも公開されていますが、自分の専用モデルが使いたい人は、「VRM」という形式で3Dモデルを作ってインポートすることができます。自分でモデリングする場合は専門知識が必要になってきますが、モデラーさんに有料で依頼することもできますよ~

モデラーさんに作ってもらった私のアバター。ニコニ立体で色んな角度から見ることができます(///▽///)


モデリングの技術がなくても簡単に3Dモデルが作れるようなエディタも、今後ぞくぞく登場しそうな予感です!



声コスプレ:色んな方式があるよ!

姿かたちだけでなく声も変えたい場合には、「声コスプレ」も必要になってきます!

①地声 OR 声優さんに依頼

まずは、地声そのまま! これが一番かんたんですねw
あの有名な「ねこます」さんなどはこの方式です。

あるいは予算があれば、声優さんを雇う、という方法もありますね!

②修行して「両声類」になる!

一説によると、修行により違う性別の声を出したり、若返って幼女の声を出したりすることのできる、「両声類」と呼ばれる未確認生命体の方々が存在するということです!

「ふぇありす」さんなどはこの方式です! すごい!

③「ボイスチェンジャー」を使う!

実は私はコレです。今まで内緒にしてたのですが、恥ずかしがり屋なので。。(///▽///)

「ボイスチェンジャー」とは、声の周波数を変えたりエフェクトをかけて、別の声に変換するソフトです。PCにインストールするソフトウェアのボイスチェンジャーだとこんなのがあります。
・「恋声」(無料
・「Morph VOX」 (Steamで\3,980。たまに半額セールあり)
・「AV Voice Changer」 (有料ソフト。11,336円)

いろいろ試しましたが、基本的にどれも原理は同じなので、正直性能に極端な差はないと思ってます。いろいろ設定をいじりながら試してみて、PC・マイクの性能や自分の声質と相性のいいものを選ぶといいかなと思います~

変換の過程でノイズが増幅されてしまうので、音質が悪くなりがちなのが欠点です。あんまりなときは高めのマイクを買った方がいいかもです~

④「ボイスロイド」を使う!

「ボイスロイド」有料)という、声優さんの声を使った合成音声による文章読み上げソフトがあります。初音ミクちゃんのナレーション版みたいな感じです。

「のらきゃっと」さんなどはこの方式!

喋った言葉を文章にしてくれる音声認識ソフト「ゆかりネット」などと組み合わせて、喋った声をそのままボイスロイドで読み上げてもらうこともできますが、声の変換にどうしてもタイムラグが結構あって他の人との掛け合いが難しかったりするのと、読み間違いが結構多いのが欠点です。

さらに最近は、ディープラーニングによって、「③ボイスチェンジャー」のような感覚で「④ボイスロイド」のようにリアルタイムで声優さんの声に変換してしまうような技術も研究されています! いずれこういうのが気軽に誰でもできるようになると、よりクオリティの高い「声コスプレ」が誰でもできるようになりますね!

まとめ!

というわけで、意外に簡単になれそうなVTuber!? この夏、みんなもやってみましょー!! もっとこういう簡単な方法があるよ! などなどあったら教えてください~

  

ーーーー

こちらはVTuberの人数・収益性・市場規模など、ビジネス観点の記事です:


この夏、全人類はバーチャル美少女になる。

そして私は、新世界の神となる…!!!

私、バーチャル美少女YouTuberねむは、「人類美少女計画」を推進していますっ!!!!(宣伝)