VTuberの「定義」とは!? それはYouTuberの「進化の必然」!

VTuberの「定義」とは? 大論争ぼっぱつ!

 「VTuber」=「バーチャルYouTuber」のブームはますます加熱し、どんどんVtuberが増えていますね!

※そもそもVTuberブームって何? な方はこの記事あたりをご覧くださいw

 これに伴い、VTuberの定義とは何か? どこからどこまでがVTuberなのか? という議論が一部で加熱しているもようっ!


 もちろん、そんなものは個々人が勝手に決めればいいと思いますw が、 いちおうブーム前からやっている初代「個人系バーチャルYouTuber」兼、古参の「バーチャルYouTuberウォッチャー」として、黙っていられません! ぜひ私の意見を語らせてください~(≧∇≦)/

 まず、いきなり「VTuber」とは? というのを個人のイメージで語っても意味がないので、そもそも無印の「YouTuber」とは何か? をハッキリさせたいと思います。私は、動画のスタイルが「VTuber」という形に行き着いたのは歴史の必然だと考えています!

第一世代: (YouTuberではない)「YouTubeに動画を上げている人たち」とは?

  • 動画製作者自身の個性はあまり出さず、動画コンテンツをYouTubeにアップして勝負している人たち。
  • 基本的にあまり製作者の顔はでない。製作者ではなく、あくまで「コンテンツ」が主役。
  • 特定のテーマに沿った動画を出していくチャンネルが多い傾向(ニュース系チャンネルなど)

 いぜんはあまりYouTubeで顔出ししする文化はなく、このスタイルが主流でした。動画コンテンツが単体としてヒットしても、あまり製作者の人気に直結しない傾向があります。現に、2017年のチャンネル登録者数ランキング上位には、このスタイルのチャンネルはほとんど入っていません。
 そんななか、2017年の流行語にもノミネートした「YouTuber」と呼ばれる人たちの登場により、動画コンテンツの作り方のスタイルが大きく変わりました。今では国内だけでも200億円を超える市場規模になっています!


第二世代 : 「YouTuber」とは? 

  • YouTubeに自分自身が出演する「顔出し動画」をアップし、色々なことに挑戦する人たち
  • YouTuberの「er」とは、YouTubeをする「人」のこと。つまり「コンテンツ」よりも登場する製作者個人の「キャラクター」が主役。
  • テーマはあまりはっきりせず、製作者がいろんなことに挑戦していく。
  • 人気になると「アイドル」のように、製作者個人にファンがついていく。
  • ただし、顔や部屋を露出したくない人には敷居が高かった。
 例えば、2017年チャンネル登録者数一位の「Fischer’s-フィッシャーズ-」さんはグループで活動しているYouTuber。

 第二位のヒカキンさんの「HikakinTV」は個人で活動している代表的なタイプです。

これがさらに進化したのが「VTuber」だと考えています。

第三世代 : 「VTuber」=「バーチャルYouTuber」とは?

  • YouTubeに「バーチャルキャラクター」として出演する「バーチャル顔出し動画」をアップし、色々なことに挑戦する人たち。
  • 普通のYouTuberと同じく「コンテンツ」よりも「キャラクター」が主役
  • ただし、普通のYouTuberと違い、そのキャラクターは現実に存在する人物ではない。グループや個人が作り上げた虚構のキャラクター、あるいは製作者の別人格をキャラクターに投影したものである。
  • キャラクターをリアルタイムで動かすバーチャル技術の発展により、顔や部屋を露出したくない人でも、誰でも気軽にYouTuberになれるようになった。
  • 現実の世界ではできないような様々なことがバーチャル技術により表現できるようになった。
一番有名なのは、2017年チャンネル登録者数10位! みなさんご存知キズナアイちゃんの「A.I.Channel」」です! その人気は留まるところを知らず、とうとう4月からTVに冠番組を持つまでに至ってしまいました! 
私もVTuberですよー!!!(≧∇≦)/

 「VTuber」とは、「バーチャルアイドル」をプロデュースし現実世界で実際にヒットさせる、育成シミュレーションゲームに近い感覚かもしれません。いわば、リアル「アイドルマスター」と言えるかもしれませんねっ! ただし、ゲームと違い、キズナアイちゃんのように現実世界へのインパクトをもち、大きなビジネスになる可能性も秘めています!







 このブームはどんどん加熱し、2018年はVTuberの年になると私は考えています! 2018年のランキングでは上位がVTuberで埋め尽くされるような事態もありえるかも?

 まだまだVTuberの世界、これから何がおこるか目が離せませんね!!

ーーーー


※この記事では、Twitterの規約を熟読の上みなさんのツイートを引用させて頂いていますが、万が一問題あれば教えてください。